一対一のサイクルすしやくん、これは随分疲れます

近くにある回転すしに行きました。大きなチェーン店ではなくて、個人経営のようなお店だ。そのせいなのかはわかりませんが、お午後に行ったのに知人は不在。勿論、お寿司も回っていません。お寿司を運ぶベルトコンベアだけがずるずるといった動いています。お店の自身は大将らしい自身が独自。知人が来ても、でてくる兆候はなし。深層から、「何握りましょう」という声だけが行う。「アナゴという卵といったマグロ」と言ったら、「あいよ」って威勢のいい音。お寿司ができるまでぼんやりしていると、ベトルコンベアに乗って、ジュースやくだものがやってきました。知人はあなたほかいないので、取らないと露骨にお断りやる気分が漂います。うーん、呼吸がふさがる。お寿司ができたら、オジンさんが持ってきてくれるのかなと思ったのですが、そうじゃありませんでした。ベルトに乗って、注文したお寿司がトコトコやってきます。知人は自分だけなので、なくなるモウマンタイのですが、皿を採ること甚だしく緊張してしまいました。「いつか、何握りましょう」オジンさんの音だけが結びつく。一対一の回転ずしって本当にシュールですよ。アリシア 顔脱毛