ベイスターズが日本シリーズ進出。クライマックスシリーズは必要なのか?

昨日のプロ野球のクライマックスシリーズは、残念ながら私の応援しているカープがベイスターズに敗れ、日本シリーズ進出はベイスターズになりました。カープが元々苦手としているチームだったことで、悔しかった方も沢山いらっしゃると思いますが、シーズン中は3位で終わったベイスターズが下剋上で日本シリーズ進出というセ・リーグ初のことを成し遂げたのは凄かったとしか言えません。しかし、私は、このクライマックスシリーズを行うことについては納得出来ません。下剋上というものがあるということは、或る意味面白いという方もいらっしゃると思いますが、シーズンを終えた時に、カープとベイスターズでは、14.5ゲーム差があったわけです。この位のゲーム差でシーズン終了というのであれば、優勝したチームをそのまま日本シリーズ進出させれば良いと私は思いました。優勝チームが2位以下のチームに切りよく10ゲーム差があれば、クライマックスシリーズを行わないとか、以前の様に優勝チームをそのまま日本シリーズ進出という形の方がスッキリしていると思いますし、色々な方の納得もいくと思います。今年のクライマックスシリーズは阪神戦でも疑問が残りましたし、今後色々見直しが必要なのではないかと思いました。